スタッフブログ

2012年12月18日 火曜日

腸のお話

前回は「幸せ物質」のお話をしました。
その幸せ物質の一つ、ドーパミンについて。

幸せを増強する「ドーパミン」

ドーパミンは、2000年のノーベル賞で大きな注目を集めました。
ドーパミンが「幸せを記憶する物質」であることを発見した研究が、受賞したからです!
「幸せを記憶する」とは、どんなこと(?-?)でしょう。
たとえば、体調管理でジョギングを始め、それが楽しくなってマラソン大会に参加する。。。
そんな人たちがいますよね。
これは、初めは好きでもない運動をしている内に、達成感や爽快感という「幸せ感」を覚えるからです。
それが、ドーパミンの働きなんです。



投稿者 のうだ整骨院