スタッフブログ

2013年3月 4日 月曜日

不妊症治療


お久しぶりです。今回は、ビタミンCについて書こうと思います。

ビタミンCが寿命をのばす

人間の体は、実によくできています。
しかも長持ちするのです。
70年はおろか、80年、90年、人によっては、100年も120年も使えます。
平均寿命というのは、人間の耐用年数のようなものです。
車でもテレビでも、心をこめて大事に使用すれば、耐用年数よりも、はるかに長持ちします。
その反対に、乱暴にあつかえば、寿命は早く尽きてしまいます。
長生きしている方々というのは、自分の体の使い方が上手なのです。
決して、無理をしません。
病気になりそうになったら、先手、先手と手を打って、大病になある前に治してしまうのです。
「命を養う者は、病の先に薬を求め」るという、江戸時代のことわざがありますが、まさに、名言といってとよいでしょう。
病気と無縁で、長生きしたいじゃありませんか。
その方法のひとつが、ビタミンCをコンスタントに毎日とること。
病気に対する免疫力を、強化する働きがあるからです。
風邪を引きやすい人の場合、血液中のビタミンC濃度が低いという研究結果があります。
さらに面白いのは、脳内のビタミンC濃度が高いほど、長寿という結果もあるそうです。
抗酸化作用や抗ガン作用もあり、病気をよせつけないためにも、ビタミンCは欠かせません。
ビタミンCをとりやすいのが旬の果物で、イチゴやミカン、リンゴ、カキ、グレープフルーツ、キンカンなどです。




 



投稿者 のうだ整骨院