スタッフブログ

2013年5月 2日 木曜日

腸のお話

前回お話しした、爪もみ療法の追記ですsmile

リラックス効果のある爪もみ療法
一日に2~3回、もう片方の手の親指と人差し指で爪の生え際のカドをもむ。
一か所をだいたい10秒くらい、少し痛みを感じる程度の強さでもむ。

親指・・・せき、リュウマチ、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症、ガンなどに効果
人差し指・・・胃潰瘍、十二指腸潰瘍、クローン病、潰瘍性大腸炎などに効果
中指・・・耳鳴り、難聴などに効果
薬指・・・交感神経を刺激してしまうので、もまない
小指・・・肥満、肩こり、腰痛、老眼、頻尿、生理痛、自律神経失調症、うつ、脳梗塞、高血圧、糖尿病、更年期障害などに効果



投稿者 のうだ整骨院