スタッフブログ

2013年6月12日 水曜日

腸のお話

生命活動を支える腸のはたらきhappy01
シンプルかつ最初の臓器。進化は腸から始まった!?

消化と排泄だけではない、腸の重要な役割とは
腸の仕事といえば、「うんちをつくるところ」と単純に考えてはいませんか?実は腸には、それ以外にも体を健康に保つために不可欠なさまざまな機能があるのです。
その一つが「消化作用」です。食べたものは、噛んで飲み込んだらおしまいではありません。胃と腸は、炭水化物をブドウ糖に、たんぱく質をアミノ酸に、脂肪を脂肪酸へと小さく分解してくれます。その分解した栄養分を吸収するのも、腸なのです。
たとえば、植物は地中に根っこを張って、土から栄養分を吸収します。私たちの体を植物にたとえると、根っこに相当するのが腸といえるでしょう。
人間が生きていくうえで必要な栄養素のほとんどは、小腸で吸収されます。もし腸のはたらきが悪ければ、いくら体によいものを食べても、栄養素を十分に取り込むことができません。
また、腸が汚れていれば、その汚れも一緒に体内に吸収されて全身を巡り、血液や他の器官まで汚染してしまいます。つまり、腸内環境のコンディションは、全身の健康状態に大きくかかわってくるのです。
腸には、消化・吸収・排泄以外にも、次のような重要な役割があります。

つづく。。。

投稿者 のうだ整骨院