スタッフブログ

2019年5月21日 火曜日

腎臓の萎縮 小倉北区 のうだ整骨院

腎臓の機能が健康的に働かない。腎臓の細胞が萎縮している現状がある方は
西洋医学では透析しか手段がありません。細胞が機能しない原因は人それぞれ
でしょうが、尿管から尿管をとおり膀胱へと尿が送り出されますが、

尿管に細菌やウイルス感染があり炎症を起こすことで腎臓がダメージをうけて
機能性又は細胞レベルで慢性的に影響を抱えて立ち行かなくなると
尿をする時に痛みがでたり、30分おきにトイレにいったり、体が異常にダルイ・
きつい、腰が痛い、お腹がいたい等の症状に悩みます。

当院ではこのような症状で病院には定期通院するものの、対処がなくお薬で
症状を抑えている方もご相談にきます。

これ以上悪化していくと透析になるけど病院では治療がない。

このようなケースは腎臓に限らず他の病気でも数多くあります。
例えば癌なども同じです。10代20代の女子は30%~40%近くが尿漏れ
で悩んでいるそうですが、病院では
お薬うを使わずに治す方法があったとしても
お薬以外で治す方法は病院では考えることはほとんどないです。


当院では肉体そのものに本質的な原因がどこにあるのか?
それとも他に原因があるのか?

そのような病気に至った深い原因をひもとく作業から始めていきます。
その作業は1回では終わらない事もあります。
しかし必ず原因にたして治療していけば必ず改善していく
方向に体はもどるのです。

ちなみに透析まじかの腎臓萎縮の方はわずか半月で半分以上改善しています。
おトイレの回数も半分にへって睡眠もとれるようになり、職場ではトイレに
行くことを忘れる程になりました。
この事実はまぎれもない事実ですから、この先についても
また他の症例もご紹介していきます。

投稿者 のうだ整骨院