スタッフブログ

2018年3月 5日 月曜日

バネ指



指は腱によって動いてます。



指を曲げる屈筋腱が浮き上がらないように押さえているのが靱帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)と呼ばれるものです。



丁度、その構造はベルトとベルト通しの関係に似ています。



この靱帯性腱鞘は指の部分にありますが、それが終わる指の付け根付近に力がかかり炎症を生じやすいところがあります。



その部分の腱や腱鞘が炎症を起こし、"腱鞘炎"になり、

さらに進行すると



引っ掛かりが生じ ばね現象が起こります。

これを"ばね指"と呼んでいます。



ばね指(弾発指)とは、



要するに、手の使い過ぎが原因で炎症を起こして痛みが出rでるんす。



治療

保存的療法としては、



1.局所の安静(シーネ固定も含む)



2.投薬



3.腱鞘内ステロイド注射などがあります。



改善しないときや再発を繰り返す場合は、腱鞘の鞘を開く手術(腱鞘切開)を行います。



切開するのは腱鞘の一部だけです。小さな傷で済みます。

次回はバネ指の治し方です。

投稿者 のうだ整骨院 | 記事URL

2017年4月 7日 金曜日

北九州 小倉 整骨院 魔法のボディワーク

先日、入会入会されたばかりの会員さん。

今日は2回目の参加ですが、先生聞いてください!

え、どうしたの?

スポーツクラブで、ミラクルが起きたの!

たった一日しか、参加していないのに、スポーツクラブの

皆の方がビックリするほど体が柔らかくなっていました。

いつもダンスの前にスレッチをするけど、痛みもなく普通にできたし

何といっても、体のセンターに軸が通って、ダンスも先生に余裕で

ついていけたんです!

皆もダンスが上手になりたいから、魔法のボディワークに参加したいと

いうことになったので、次回連れてきます!

何とも嬉しい限りです!



投稿者 のうだ整骨院 | 記事URL

2017年3月17日 金曜日

わずかな変化が大きな変化 北九州 小倉 整骨院

腰がずいぶん曲がった80歳のおじいちゃん。



ある事で腰痛が悪化して来院しています。



片道20分を休憩2回いれて、当院にたどり着くように



なるのに2週間程かかりましたが、来院初日は30秒も



歩けない状態でした。



今日は次のステップに体の状態をひ上げるため、



腰をもっと真っ直ぐにしたいので、初めて自分で



体を動かしてもらい運動療法をしてもらいました。



雨の日はお休みしますが、毎日続けて通院している



事の積み重ねが大きな変化をうみます。



施術が終わった後、立った状態での目線、見晴らしが



全く違っていて何か遠い、見事な景色を眺めているような



様子でした。



おじいちゃんしかわからない、感動の瞬間です。



わずかな継続が大きな変化をもたらす瞬間でした。



腰・膝・肩等の痛みや肥満(下腹)、体の歪みなどの改善に!



今までの体操というイメージと全く次元が異なる!

あなただけの自分体操にチャンレンジしてみませんか?


今なら無料体験ができます。


投稿者 のうだ整骨院 | 記事URL

2017年3月14日 火曜日

活かすストレッチ! 北九州 小倉骨盤矯正

活かすストレッチ!



左太ももの前側が痛いという人がいます。

北九州マラソンを走った大学生ですが、

数週間前から、右足くるぶしの下が痛かった

らしく、左脚でかばっていたのです。



いわゆる重心をかけて、使いすぎているという

事です。この場合、普通にストレッチを

するのも良いのですが、魔法のボディワーク

よりも効果は半分以下になるでしょう。



左半身は全体的に右半身に比べ、

縮んでいます。

だから仰向けの状態で両ヒザ位を立て、腰の位置を左に少し移動

させます。

次に右脚を左脚に乗せ(脚を組む)右方向に倒します。



結果骨盤調整とストレッチを同時にしたことになります。

当然結果は良好です。



痛みが改善したら、この方法でのストレッチは終わりです。

腰・膝・肩等の痛みや肥満(下腹)、体の歪みなどの改善に!



今までの体操というイメージと全く次元が異なる!

あなただけの自分体操にチャンレンジしてみませんか?

投稿者 のうだ整骨院 | 記事URL

2017年3月14日 火曜日

肩の痛み 魔法のボディワーク 北九州 小倉

肩が痛くて上がらない!

四十肩・5十肩について

肩が痛くて夜も眠れない、あるいは腕があがらない、

だけど整形外科で注射や電気治療しても全く

改善しないという人がたくさんいます。



通常石灰沈着の除去やステロイド等の薬物投与で

痛みが緩和され治っていくケースもあるので、

病院に一度行くことをおすすめします。



しかし改善がない人は、まず炎症を沈めなくてはいけません。

私は、まず肩の炎症を沈めることを優先に考え

ボディワークは先送りにします。



夜間痛などの痛みが無くなると筋肉の本来の動きが

出来るように調整しながらリハビリ的な動きを

サポートしていきます。



つぎのステップはセルフで筋肉のケアと動かす為の準備

をセルフでやってもらいます。



忘れてならないのは、体幹の歪みと姿勢維持という

基本が出来ていなければ、根本的に改善しません。








投稿者 のうだ整骨院 | 記事URL